傘を無くさなくなった方法

雨の日に使う傘。私は良い物を購入して長く使うタイプ、旦那はビニール傘を使うタイプの人でした。

しかし、旦那の傘の紛失率の高い事!!!

5本のビニール傘を購入しても3か月後に1本あれば良いくらいの勢いで紛失していました。

いくらビニール傘とはいえ1本400円~500円はします。その傘を5本購入すれば2000円以上です。

そのくらい傘を紛失していた旦那が傘を紛失しなくなりました

 

 

スポンサーリンク

傘を紛失する原因

 

まず、どうして傘を紛失するのか検証してみました。

ビニール傘の使用

上にも書いた通り、ビニール傘の相場は店頭で1本400円~500円となっております。この金額が高いか安いかは個人の価値観ですが、数回使用すれば元を取った金額にも感じられる価格だと思う人が多いと思います。

手頃な値段で購入できる価格なので紛失すればまた購入すれば良いと思って大切にしないのです

 

 

ビニール傘の使用率

ビニール傘は手頃な値段で購入できるので、利用している人もたくさんいます。雨の日の飲み会なんて傘立てはビニール傘だらけです。

食事を終えてお店を出る時、持ってきたビニール傘が無くなっていることも多かったです。

無くなる理由

・大量のビニール傘で自分の傘が分からなくなる
・お酒が入って自分の傘が分からなくなる
・同じような傘がたくさんあるのだから1本盗っても分からないだろうと持って行かれる

 

実際に居酒屋で旦那と二人、ビニール傘を2本髪を結ぶゴムで絡んでいても盗られた事がありました。

ビニール傘の価格の相場も大したことないからという理由で持って行ってしまうのでしょうか。

大切に使ってくれる方法を考えて購入

 

普段は近くのスーパーで食料品を購入する時に一緒にビニール傘をまとめて2~3本購入してましたが、今から1年半前の梅雨前の時期、近くのイオンで傘のクーポンがあったので利用しようと思い行ってみました。

最初はいつものようにビニール傘(透明の定番の傘)を手にしてましたが、色付きの傘が目に入ってきました。そして、この色付きの傘を購入したらどうなんだろうと思い手に取ってみました。

色付きの傘はビニール傘より数百円高かったのですが、気になって購入してみる事にしました。

色付きの傘を選ぶ際、気に入った傘なら大切に使ってくれるかなと思い、

 

・使い勝手の良いサイズ
・旦那が好きな色

 

という2つの事を考えて選びました。

大人になれば「使えれば何でも良い」という考え方が出てきます。自分は透明のビニール傘で充分!と言って使ってくれなければ無駄な買い物になるけどその時は私が使えばいいと思い、色付きを2本と普通のビニール傘を2本購入してみました。

 

 

 

購入して1年半が経った結果

 

色付きの傘2本、普通のビニール傘を2本購入してから1年半が過ぎました。

この4本の傘はまだ我が家にあり、旦那は色付きの傘2本を大切に使ってくれています。

どこかに忘れてもわざわざ取りに行ったり、傘が2本揃ってないとどこに置いたのか確認したりしてます。

そして旦那は色付き傘しか使わないのでビニール傘も無くなりません。

やはり色の傘を購入した事は正解でした。色付き傘は外出先の傘立てに立てても目立ちますし、盗って使おうと思う人も色付き傘よりも数ある普通のビニール傘を盗るでしょう。

また、色付き傘はビニール傘のように価格の相場が分からないので丁寧に扱っていると思います。

以前は家の傘立てに傘が無くて、出かけるときに旦那から「傘が無い!」と言われる事がありましたが(自分が無くすくせに)、今では全くそんな事が無くなり、傘を買いに行くという手間もなくなりました。

今使ってくれている傘、ずっと大切に使ってほしいと願ってます。

 

 

【セール50%OFF&ポイント10倍 10/11 1:59まで】傘 レディース 16本骨 桜柄 ワンタッチ ジャンプ式 雨傘 長傘 和風傘 おしゃれ かわいい 和桜傘 和傘 ロング 敬老の日 プレゼント

コメント

タイトルとURLをコピーしました