二つ折りの紙をカッターでキレイに切るコツは簡単

 

二つ折りの紙をカッターでカットする時、ガタガタになってしまった事はありませんか?

しっかり折り目をつけてもなぜかガタガタ…。

しかしちょっとしたコツでとてもキレイにカットできるようになります。

 

スポンサーリンク

紙をきれいに切るために準備するもの

 

二つ折りの紙をカットするにはカッターを使用します。

このカッターが汚れていると滑りが悪くなり、切れ味も悪くなります。

したがって、キレイな刃のカッターを準備する必要があります。

私は会社員時代、ダンボールを開封等のカッターと紙専用のカッターの2本を所有していました。

カッターは100円程度の安いもので充分です。

大切な事はキレイな刃のカッターを準備する事です。

 

切れない原因は刃の角度

 

せっかく紙をキチンと折ってもカッターを使った時に真ん中から切れずに汚くなることがあります。

その原因は刃の長さと角度です。

 

キレイに切れない理由は紙と刃の間に隙間がある事です。

薄い紙が宙に浮き、不安定になり、折り目の中心をキレイに切る事ができないのです。

 

 

二つ折りの紙をキレイにカットするコツ

 

二つ折りの紙をキレイにカットするためには刃の下の隙間を無くす必要があります。

まず、刃を長く出します。

 

 

カッターの刃を長く出すと刃はしなります。

しならせる事で紙とカッターの隙間を無くすことが出来るのです。

 

 

注意!● 刃は新品の長さの刃を使用してください。

● 過度な力で刃を押さえ付けないでください。

 

実際の刃の入り方

 

刃が短いものと刃の長いものの写真です。

刃を長く出した方に机や紙と刃の下に隙間がありません。

 

 

 

刃を長く出してカットする事によって切り口がキレイになりました。

ちょっとした事でキレイに切る事ができます。

ぜひ試してみてください。

 

created by Rinker
¥462 (2023/01/31 13:09:50時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました