衛生的で使い勝手良し!シャンプーやボディーソープは吊り下げて使用するのもアリ

 

浴室内のシャンプーやトリートメント、ボディーソープ等の置き場に困っていませんか?

床に直に起きたくないし、台の上でもしばらくすると容器がヌルヌル…。

これは何年経っても大きな悩みです。

我が家のお風呂事情も詰替え容器で長い間悩まされてきました。

家を建て替えた事がきっかけで容器も一新する事にしました。

シャンプーは先日towerのマグネットディスペンサーホルダーを使用するようになりました。

 

towerのマグネットディスペンサーホルダーでボトルの底はぬめらない
以前からシャンプーボトルの底がヌルヌルになるのが嫌で何とかしたいと思っていました。家が新しくなり、浴室の壁にマグネットが使用できるようになったので山崎実業towerシリーズのマグネットディスペンサーホルダーを購入してみました。早速使用してみましたが予想以上の商品でした。

 

トリートメントは相変わらず100均の商品です。

 

粘度の高いトリートメント。ポンプボトルから出てこない。100均ボトルで使い勝手向上
トリートメントを詰め替えボトルで使うと残量があるのに出てこない事ってありませんか?我が家も長年の悩みでした。いろいろ工夫をしたりしましたが改善されませんでした。しかし、ダイソーで偶然見つけたもので快適になりました。

 

今回はボディーソープの容器を新しくしました。

 

スポンサーリンク

詰替えパックをそのまま吊り下げて使用できるポンプ

 

我が家はシャンプーとトリートメントは1000ml入りのものを使用していますが、ボディーソープは1回分づつのパックの物を使用しています。

なので吊り下げて使用できるタイプが使えると思いました。

 

詰替えそのまま

 

今回、こちらの商品を購入してみました。

我が家は基本的に白というルールがあるため、ホワイトを購入しました。

 

 

パッケージの裏はこちらです。取付方法が記載されています。

 

 

単純な構造で、詰め替えパックの開口部に写真下の差込口を挿し、左右にある腕みたいな部分を下に下げます。

下に下げると差込口の横にある厚手のクリップが詰替えパックを挟み込みます。

 

フックはこちらです。写真は開いた状態です。

挟む部分はこれ以上広がる事なく、詰め替えパックを挟みます。

 

 

 

使用できない詰め替えパック

 

 

いくら詰め替えパックとはいえ、使用できないタイプのものもあります。

① 注ぎ口をカットした際の開口部が20㎜以上あるもの

② 材質・厚みが通常と大きく異なるもの

③ 注ぎ口に凹凸形状のもの

②の材質・厚みとは、詰め替えパックの材質の事です。

通常はプラスチックなのでしょうか。

 

早速取り付けてみました。

 

早速取り付けてみました。

 

 

取付に1分もかかる事なく完了です。

 

 

実際にぶら下げた感じはこちらです。

 

 

フックから滑り落ちるんじゃないかとか、液ダレするんじゃないのかと不安になりましたが大丈夫でした。

下のふくらみを押すと中身が出てきます。

詰め替えボトルポンプと違い、出てくる勢いはありませんでした。

 

 

メリット

 

詰め替えパックを吊り下げて使用するメリットは2つ。

 

 詰め替える手間がなくなる

ポンプボトルに詰め替える以前の準備として、使い終わったボトルを洗って乾かすという作業です。

口の細いボトルは乾きにくく、ポンプ部分は更に乾きません。

数日間干してやっと乾く事もありました。

この手間から解放される事がとても嬉しいです。

 

 衛生的

詰め替えないという事は衛生的です。

いくら洗って乾かしても詰替えパックをそのまま使用する方が衛生面は安心ですね。

 

デメリット

 

デメリットもあります。

パックをそのまま使用するため、生活感100%となります。

使い勝手を選ぶか、おしゃれを選ぶか…。

しかし、専用カバーも販売されているので使用すれば良いですね!

 

 

 

 

我が家は使い勝手優先

 

我が家はシャンプー事情がこちらです。

シャンプー → towerマグネットディスペンサーホルダー

トリートメント → 100均ボトル

ボディソープ → 詰替えパック吊り下げ方式

 

全部バラバラ。

使い勝手は満足!見た目は…。

 

いいんです!

浴室なんて家族しか入らないのですから。

見た目より使い勝手重視で、ストレスフリー目指します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました