往復はがきの作り方。筆ぐるめで簡単に作成しよう

 

年賀状を作成する際、年賀状ソフトを利用される方も多いでしょう。

2021年までは郵便局のサイトから年賀状作成用にダウンロードができましたが、2022年の年賀状作成から使えなくなり、困って年賀状ソフトを購入された方も多かったと思います。

我が家も購入しました。

 

せっかく購入した年賀状ソフト。

年賀状以外にもいろいろ使えますが、今回は往復はがきを試してみました。

さすが年賀状ソフト。

どなたにも簡単に使えるような設定になっていました。

 

スポンサーリンク

往復はがきの基本的な使い方

 

 

往復はがきには「往信」の面と「返信」の面があります。

 

往信面の左は宛先、右は返信(例えば参加・不参加等)です。

返信面の左には返信先、 右には案内文となります。

往信面と返信面は見た目が似ています。

ハガキの切手部分に往信・返信と書いてはありますが、切手の色で違うので見分けると良いですね。

青が往信、緑は返信となっています。

青の切手部分が外側、緑の切手部分が内側になるように半分に折ってから投函します。

半分に折れば通常のハガキサイズですね。

 

 

 

筆ぐるめで往復はがきを作成してみよう

 

 

案内文と返信用を作成する

まず、案内文と返信用の情報欄を作成します。

これは年賀状を作るようにハガキの白紙を選択し作成します。

 

 

こちらで案内文と返信に必要な情報欄の2つのデータを作成します。

 

 

住所録の作成

往復はがきに使用するための住所録を作成します。

こちらも年賀状作成と同じ要領となります。

 

 

往復はがきの返信先の住所録も作成します。

その際は敬称を『行』に設定する事を忘れないでください。

 

往復はがきの設定

 

住所や案内文等の作成が終わりました。

ここまでは通常の年賀状作りと変らなかったと思います。

ここからが往復はがきの設定となります。

 

まず、『うら(レイアウト)へ切替』で裏面を表示します。

作成したデータを選択し、表示させます。

 

次に『おもて(宛て名)』から用紙を選択します。

この時表示されるハガキはまだ普通のサイズのハガキが表示されます。

 

往復はがきを選択します。

 

希望する往復はがきを選択します。

 

選択が完了するとすぐに往復はがきとして表示されます。

 

先に用紙選択をした際は、住所 又は 案内面のみの表示となります。

表示させたい内容を開きなおすと画面に反映されます。

あとは印刷をすれば完成です!

印刷は1枚に対し、往信面、返信面の2回の印刷が必要です。

 

くれぐれも印刷面の内容(往信の内容・返信の内容)を間違えないようにしましょう

 

往復はがきを使用する機会があればぜひ使してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました