Fitbitを1年使ってみた結果と感想

2019年夏。

運動不足を数字化するために旦那に買ってもらったスマートウォッチ。

1年使ってみた結果と感想をお伝えします。

スポンサーリンク

Fitbitを1年間使ってみた感想

私が使っているスマートウォッチはこちらの写真の右側の物です。
(左は旦那のapple watchです)

これはFitbit inspire HR です。2019年8月。旦那がサプライズでプレゼントしてくれました。

色もかわいくて腕につけていても邪魔にならないサイズです。

fitbit Inspire HR フィットビット インスパイアHR FB413BKBK-FRCJK 【安心のメーカー1年保証】スマートウォッチ ウェアラブル 心拍数 健康
スマートウォッチ Fitbit Inspire HR 活動量計 フィットネストラッカー 心拍計 [並行輸入品] ライラック fitbit inspire hr フィットビット インスパイア

 

使用頻度

 

旦那にサプライズでプレゼントしてもらった時、嬉しさ8割不安2割でした。その理由は

「毎日使うのか」

という事。せっかく買ってもらったのに1ヶ月とかしか使わなかったら勿体ないし叱られそう。

でも1年使った結果、

心配は無駄でした!

私は、このスマートウォッチを毎日使いました。私が毎日使えた理由はいくつかあります。

 

毎日使えた理由

 

その理由はシンプルな事ばかりです。

●充電が週に1度で充分

●サイズが邪魔にならないサイズ

●スイミングでも使えるほどの防水なので家事で濡れても気にならない事

●電話の着信の通知、受信したメールやLINEが携帯無しで読める事

 

些細な事だし、スマートウォッチだから当たり前の事も含まれますが、それが長く使用できた理由だと思います。

1年経っても有効に使えていない機能

Fitbitはたくさんの機能を持っています。

 

<よく使っている機能>

  • 時計
  • 歩数計(1時間に設定した歩数歩かないと通知が来る設定もしてます)
  • 電話の着信の通知
  • メールやLINEの受信(通知・内容確認)
  • 心拍数(運動時)

 

<時々使っている機能>

  • 睡眠スコア(睡眠記録)
  • アラーム

 

<使えていない機能>

  • 体重管理
  • 水分摂取量
  • 食事データ入力
  • その他たくさん

 

いったいどれだけの機能があるのかよく分かっていません。

また、下の赤枠の中も全く使えていない機能です。

 

すこしずつこの辺りも使ってみようかと思います。

 

傷み具合とメンテナンス

 

表面の黒い画面です。1年間フィルムを貼ったりすることもありませんでしたが細かな傷一つもありません。

しかし、側面のつなぎ目には汚れが溜っています。

 

裏側もバンドの接続部に白く汚れが溜っています。

これは普段からキレイにしておけば1年経ってもきれいだったのかもしれません。

バンドは簡単に外す事ができますがほぼ外した事無かったです。

 

アップデート

 

先日、アップデートの通知が来ていました。

スマホの近くにスマートフォンを置いてアップデートしました。

30分程かかりましたが、以前は充電時しか確認できなかったバッテリーの残量が表示されるようになって少し使い勝手が良くなりました。

 

2年目の使い方

 

1年目同様、普段の生活の中で役立てたいと思います。

今年は少しバンドが傷んできたので新しい物を購入を考えています。

今まではシリコンで見た目100%スポーツ用でしたが、買い物やお出かけの際にも似合う?ようなバンドも購入し、いろいろなシチュエーションで使えたら良いなと思ってます。

 

Apple watchと比較してみて

 

私は以前、こんな記事を書きました。

Apple WatchとFitbitを両方購入し比較してみました
Apple WatchとFitbitを両方購入し比較してみました。どちらが良いのかは好みの部分もありますがどちらも生活の中で便利なアイテムの一つです。

この記事を作成してから4ヶ月。私にはやっぱりFitbitの方が合ってると実感しました。

旦那がApple watch(セルラータイプ)を使用していますが、アップルウォッチで電話をしている姿を見たことありません。

やはり、携帯は身の回り品の一部で、携帯を家に置いている人なんていないだろうし、旦那もアップルウォッチで着信の通知を見てスマホで話をしています。

結果、Fitbitと変らない使い方となってます。

アップルウォッチの金額はFitbitの2倍から3倍なのに使い方がFitbitと同じって勿体ないですね。

旦那のアップルウォッチ(セルラータイプ)が役に立つ時は2つ。

● 家にスマホを忘れて、その事を伝える時。
● スマホの置き場所を忘れ、アップルウォッチのスマホを探す機能と使う時。

それよりも毎晩充電されているアップルウォッチを見ていると、Fitbitで充分なのかなと思います。

歩数を見ては目標に届かずがっかりする毎日ですが、これからもデータが手元で見えるという便利な機能を役立てていきたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました